独自の分子デザインで細胞を見る・操る・作る / Creating new molecular concepts and tools for chemical biology and drug development
私たちの研究室では、細胞を見る・操る・作るための新しい化学を開拓することを目指しています。特に現在は、小分子プローブ、機能性リガンド、設計蛋白質、合成情報伝達経路など、さまざまなタイプ・階層の分子や分子システムを独自のデザインで設計し、作り、それらを細胞機能の可視化、診断、人工制御などへと展開しています。私たちは、従来にないユニークな化学ツールや分子コンセプトを考案することで、生命科学や創薬研究に新しいブレイクスルーをもたらすことを目指しています。
ResearchContact

News & Topics

大学院生募集
当研究室では、私たちと一緒に新しい独自の生体制御・可視化ツールの創製に取り組んでくれる大学院生を募集しています。 現時点でのバックグランドは問いません。大学院修士課程もしくは博士課程からの入室を検討して頂ける方(特に他大学出身で現在B4・M2の方や高専専攻科出身の方)は、名工大の大学院入試の日程(こちら)を確認の上、築地までご連絡下さい。研究室見学も随時受け付けています。
Upcoming!
5/19に開催される第82回日本生化学会中部支部例会・シンポジウム(岐阜大学)でPDの中村君・D1の沖君・D1の澤田君・M2の鈴木君がポスター発表を行います。
2018.04.03
新B4の波多野結香さん・藤樫咲蘭さんがメンバーに加わりました。
2018.04.01
築地研3年目@名工大がスタートしました。
2018.03.26
M2の加藤君が博士前期(修士)課程を修了、B4の田中君が学士課程を卒業し、ラボを巣立って行きました。二人とも一年間よく頑張りました。それぞれの新天地での活躍を期待してます!
2018.03.26
D4の中村君が博士後期課程を修了し、博士(工学)の学位を取得しました。築地研の博士第一号です。おめでとう!
2018.03.21
日本化学会第98春季年会(3/20–23:日本大学理工学部船橋キャンパス):D4の中村君・D1の沖君・M2の澤田君・M2の加藤君・M1の鈴木君が口頭発表を、B4の生田君・B4の田中君がポスター発表を行いました。
2018.03.01
さきがけ「生命機能メカニズム解明のための光操作技術」第3回領域会議(2/27–3/1:橿原ロイヤルホテル):吉井助教が発表を行いました。
2018.02.27
平成29年度卒業研究発表会:B4の生田君・田中君が発表を行いました。
2018.02.22
平成29年度修論発表会(2/22–23:長岡技科大):M2の澤田君が発表を行いました。澤田君の研究指導委託をサポートして頂いた滝本浩一先生・政井英司先生(長岡技科大)に厚く御礼申し上げます。
2018.02.19
平成29年度修士論文審査会(2/19–20):M2の加藤君が発表を行いました。
2018.02.14
D4の中村彰伸君の博士論文公聴会を開催しました。博士論文タイトルは「細胞核と細胞膜インナーリーフレットを標的とした局在性分子ツールの開発と応用」です。
2018.02.13
Asian Chemical Probe Research Hub Symposium:天然物有機化学・天然物合成とケミカルバイロジー(東北大学青葉山キャンパス):築地が講演を行いました。
2018.02.07
築地の研究紹介の記事が「生命化学研究レター」に掲載されました。バックナンバーはこちら
2018.02.01
2nd FRIMS International Symposium on Frontier Materials(2/1–2/2:名古屋工業大学):池田勝佳先生と築地で「第2回FRIMS国際シンポジウム」をオーガナイズしました(開催報告はこちら)。D4の中村君がShort Talkを、D1の沖君・M2の澤田君・M2の加藤君・M1の鈴木君・B4の田中君がポスター発表を行いました。素晴らしい招待講演をして頂いたVincent Rotello先生(UMass-Amherst, USA)・Luke Lavis先生(Janelia Research Campus, USA)・Won Do Heo先生(KAIST, Korea)・Itaru Hamachi先生(Kyoto U, Japan)に厚く御礼申し上げます。ありがとうございました!
2018.01.31
FRIMS講演会(大学院特別演習):Vincent Rotello先生(University of Massachusetts-Amherst, USA)にお越し頂き、「Interfacing nanomaterials with biology: from CRISPR delivery to antimicrobials」という演題でご講演頂きました。
2017.12.14
The Second International Symposium on Biofunctional Chemistry(ISBC2017)(12/14–16:京都大学宇治キャンパス):築地と吉井助教がポスター発表を行いました。
2017.12.08
ConBio2017(12/6–9:神戸ポートアイランド):M2の澤田君が口頭発表とポスター発表を行いました。
2017.12.04
M1の鈴木君が学部生時代(長岡技科大・政井研)に行った研究成果が「ACS Sustainable Chemistry & Engineering」にWeb掲載されました。おめでとう!
2017.11.29
築地が大阪大学ナノ高度学際教育研究訓練プログラム(社会人教育プログラム)で講義を行いました。
2017.11.11
第48回中部化学関係学協会支部連合秋季大会(11/11–12:岐阜大学):築地が講演を行いました。
2017.10.24
2nd Symposium on New Trends of Nano- or Bio-Materials Design in Supramolecular Chemistry(2nd NNBS)(10/23–24:志賀島休暇村):築地が講演を行いました。
2017.10.19
吉井助教が名工大ラジオ番組「産学官金ラジオ テクノストリーム vol.3」に出演しました。番組はこちら
2017.10.16
女子学生のためのテクノフェスタ2017:ラボツアーで研究室を公開しました。見学に来た高校生達に蛍光タンパク質(CFP, GFP, YFP, RFP)と沖君特製の築地研ストラップをプレゼントしました。
2017.10.06
FRIMS講演会(大学院特別演習):Andrew Wilson先生(University of Leeds, UK)にお越し頂き、「Understanding and manipulating protein-protein interactions using biomimetic approaches」という演題でご講演頂きました。
2017.10.02
沖超二君(長岡技科大修士卒)と吉川優君(名古屋市立大学大学院薬学研究科出身)が共同ナノメディシン科学専攻に10月入学し、新D1としてメンバーに加わりました。活躍期待してます!
2017.09.19
吉井助教の研究課題がJSTの平成29年度戦略的創造研究推進事業(さきがけ)(研究領域:生命機能メカニズム解明のための光操作技術)に採択されました。
2017.09.08
第11回バイオ関連化学シンポジウム(9/7–9:東京大学弥生キャンパス):M2の澤田君と加藤君がポスター発表を行い、優秀ポスター賞をダブル受賞しました。おめでとう!
2017.09.06
第5回バイオ関連化学シンポジウム若手フォーラム(東京大学山上会館ほか):M2の澤田君と加藤君がポスター発表を行いました。
2017.08.03
三重県立松阪高校2年生の小島那月さんが理数科課題研究活動の一環として当研究室を訪問しました。ラボを見学して、細胞を観察したり、D4の中村君によるSpecial Lectureを楽しんで頂きました。これからも頑張って下さい!
2017.07.10
生体機能関連化学部会若手の会第29回サマースクール(松江ニューアーバンホテル):澤田君がポスター発表を行いました。
2017.06.16
築地が名古屋大学工学部化学生命工学科で集中講義(学部3年生)と講演を行いました。
2017.06.01
築地の紹介記事が「化学と工業」(CCIサロン「この人、紹介」欄)に掲載されました。
2017.05.20
第81回日本生化学会中部支部例会・シンポジウム(名古屋市立大学薬学部キャンパス):D4の中村君・M2の澤田君がポスター発表を行い、中村君が奨励賞を受賞しました(詳細はこちら)。おめでとう!
2017.05.17
上田実先生(東北大学)との共同研究論文のプレスリリースを発表しました。
2017.05.12
Hoechst連結フルオレセインによる生細胞核内pHイメージングに関する論文が「Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters」にWeb掲載されました。D4の中村君の成果です。
2017.05.11
第2回FRIMSシンポジウム(名古屋工業大学):築地が講演、D4の中村君・D2の吉川君・M1の鈴木君がポスター発表を行いました。
2017.05.04
上田実先生(東北大学)との共同研究の論文が「ACS Central Science」にWeb掲載されました。
2017.04.27
築地が齊藤博英研究室(京都大学iPS細胞研究所)でセミナーを行いました。
2017.04.17
第50回ナノ・バイオテクノロジー研究会(名古屋工業大学):吉井助教が講演を行いました。
2017.04.10
新M2の加藤拳也君がメンバーに加わりました。今年度は総勢9名で頑張っていきましょう!
2017.04.03
新D2の吉川優君(名古屋市立大学大学院薬学研究科所属)、新M1の鈴木祥央君(長岡技科大卒)、新B4の生田雅裕君・田中祥平君がメンバーに加わりました。
2017.04.01
築地研8年目(2年目@名工大)がスタートしました。
2017.03.24
M2の片平さんと藤沼さんが修士課程(長岡技科大)を修了し、ラボを巣立って行きました。二人にはラボの引越しで苦労をかけましたが、三年間で素晴らしい成果を上げてくれました。新天地でも頑張って下さい!
2017.03.23
B4の三輪君と永盛君が学士課程を卒業し、ラボを巣立って行きました。二人とも一年間よく頑張りました。それぞれの進学先での更なる成長を期待してます!
2017.03.17
日本化学会第97春季年会(3/16–19:慶應義塾大学日吉キャンパス):D3の中村君・M1の澤田君が口頭発表を行いました。
2017.03.07
第41回生体機能の解明とその応用に関する研究会(名古屋工業大学):築地が講演を行いました。
2017.03.01
藤原郁子先生(名古屋工業大学URAオフィス)にお越し頂き、「アクチン重合と制御タンパク質のキネティクス」という演題でラボセミナーを行って頂きました。
2017.03.01
築地と吉井助教の所属(教員組織)が「グローバル領域」になりました。
2017.02.27
平成28年度卒業研究発表会:B4の三輪君・永盛君が発表を行いました。
2017.02.20
平成28年度修論発表会(2/20–21:長岡技科大):M2の片平さん・藤沼さんが発表を行いました。二人の研究指導委託をサポートして頂いた滝本浩一先生(長岡技科大)に厚く御礼申し上げます。
2017.01.19
日本機械学会第29回バイオエンジニアリング講演会(1/19–20:ウインクあいち):築地が講演を行いました。
2017.01.18
第23回ペプチドフォーラム(東京大学薬学系総合研究棟):築地が講演を行いました。
2016.12.20
日本生体エネルギー研究会第42回討論会(12/19–21:名古屋工業大学):D3の中村君・M2の藤沼さん・M1の澤田君がポスター発表を行いました。
2016.12.19
M2の藤沼さんが実務訓練先(NIMS・竹内&杉安グループ)で行った研究成果が「Nature Chemistry」にWeb掲載されました。おめでとう!
2016.12.14
FRIMS講演会(大学院特別演習):Thomas Pollard先生(Yale University, USA)にお越し頂き、「Molecular basis of cellular movements」という演題でご講演頂きました。
2016.12.14
FRIMS講演会(大学院特別演習):滝本浩一先生(長岡技術科学大学大学院生物機能工学専攻)にお越し頂き、「EAG2 channel and cancer growth: unexpected turns of a side project」という演題でご講演頂きました。
2016.12.08
第1回FRIMSシンポジウム(名古屋工業大学):D3の中村君・M2の片平さん・M2の藤沼さん・M1の澤田君・B4の永盛君がポスター発表を行いました。
2016.12.01
吉井達之君が助教(卓越研究員)として着任しました。活躍期待してます!
2016.11.30
FRIMS講演会:小坂田文隆先生(名古屋大学大学院創薬科学研究科)にお越し頂き、「視覚再生を目指した新規治療開発」という演題でご講演頂きました。
2016.11.24
築地が名古屋市立大学大学院薬学研究科共同ナノメディシン科学専攻で集中講義を行いました。
2016.10.21
築地のバックグラウンドやSLIPTテクノロジーを紹介した記事が「Peptide Newsletter Japan」に掲載されました。
2016.10.19
D3の中村君がフロンティア研究院のHPで紹介されました。リンクはこちら
2016.09.28
第43回国際核酸化学シンポジウム(ISNAC2016)(9/27–29:熊本大学工学部百周年記念館):D3の中村君がポスター発表を行いました。
2016.09.27
第89回日本生化学会大会(9/25–27:仙台国際センターほか):M2の片平さんがポスター発表を行いました。
2016.09.07
第10回バイオ関連化学シンポジウム(9/7–9:石川県立音楽堂ほか):M2の藤沼さんがポスター発表を行いました。
2016.09.01
長岡技科大M1の澤田君が特別研究学生として築地研@名工大に合流しました。
2016.08.29
生命理工学融合セミナー2016ー若手から発信するナノサイエンスー(東京工業大学すずかけ台キャンパス):築地が講演を行いました。
2016.08.09
卒業生の沖君が実務訓練先(NIMS・竹内&杉安グループ)で行った研究成果が「Chemistry – An Asian Journal」にWeb掲載されました。この論文は表紙にも採用されています。おめでとう!
2016.08.04
オープンキャンパス2016:ラボツアーで研究室を公開しました。テーマは「バイオや創薬に貢献する『蛍光タンパク質』を見てみよう」。見学に来た高校生達に蛍光タンパク質(CFP, GFP, YFP, RFP)とUV-LEDキーホルダーをプレゼントしました。
2016.07.29
平成28年度 知の探究講座(あいち理数教育推進事業):築地が高校生達に講義を行いました。講義タイトルは「見えない分子を見えるようにする『光る分子のテクノロジー』」。受講生の皆さんに蛍光タンパク質(CFP, GFP, YFP, RFP)とUV-LEDキーホルダーをプレゼントしました。【謝辞】上記の蛍光タンパク質は、生命・応用化学科1年生の神藤慎弥君・柴田怜奈さん・白野瑞葵さん・小林謙太君・谷口翔君・寺林繁央君・土井貴裕君が作成してくれました。この場を借りて御礼申し上げます。
2016.07.27
新学術領域「レゾナンスバイオ」班会議(7/26–27:東京大学中島董一郎ホール):築地が発表を行いました。
2016.06.17
日本ケミカルバイオロジー学会第11回年会(6/15–17:京都テルサ):M2の片平さんがポスター発表を行いました。
2016.06.15
日本ケミカルバイオロジー学会第11回年会(6/15–17:京都テルサ):D3の中村君・M2の藤沼さんがポスター発表を行いました。
2016.05.26
オルガネラ局在性修飾試薬を用いたミトコンドリア蛋白質のケミカルプロテオミクスに関する論文が「Journal of the American Chemical Society」にWeb掲載されました。安枝君(京都大学浜地研)の成果です。
2016.05.20
滝本浩一先生(長岡技科大)との共同研究の論文が「Scientific Reports」にWeb掲載されました。
2016.04.04
新B4の三輪和平君・永盛優浩君がメンバーに加わりました。築地研@名工大の一期生になります。
2016.04.01
築地研7年目がスタートしました。
2016.04.01
名古屋工業大学の新学科・専攻がスタートしました(詳細はこちら)。今年度より築地は、学部は「生命・応用化学科」、大学院博士前期(修士)課程は「生命・応用化学専攻」、大学院博士後期課程は「共同ナノメディシン科学専攻」を担当します。
2016.03.27
日本化学会第96春季年会(3/24–27:同志社大学京田辺キャンパス):D2の中村君・M1の藤沼さん・M1の片平さんが口頭発表を行いました。
2016.03.25
M2の石川君が修士課程(長岡技科大)を修了し、ラボを巣立って行きました。三年間よく頑張りました。これからはクリーンベンチやフリーザーの開発を通じて、ライフサイエンスの発展に貢献して下さい。活躍期待してます!
2016.03.18
International Conference on Resonance Biology for Innovative Bioimaging(3/17–18:KKR熱海)。築地が発表を行いました。
2016.03.02
NITech International Symposium on Frontier Materials –FRIMS Kick-off Symposium–(3/1–2:名古屋工業大学):築地が講演を行いました。
2016.02.22
平成27年度修論発表会(2/22–23:長岡技科大):M2の石川君が発表を行いました。
2016.02.18
平成27年度実務訓練報告会(長岡技科大):B4の澤田君が発表を行いました。
2016.02.01
長岡技科大M1の片平さん・藤沼さんが特別研究学生として築地研@名工大に合流しました。
2016.01.31
長岡技科大の学生通信「Challenge! vol.27」にM1の石川君のコメントが掲載されました。
2016.01.01
日本薬学会第135年会(2015.03.26)での講演内容をまとめた記事が「YAKUGAKU ZASSHI」(誌上シンポジウム)に掲載されました。
2015.12.19
長岡からのラボの引越しが終了し、名工大に完全に拠点を移しました。【謝辞】長岡でお世話になった皆様、これまでありがとうございました。特にタケショー科学株式会社の本多修さんには、ラボの立ち上げ時から5年間半、当研究室の研究活動をずっと支えて頂き、名工大でのラボのセットアップにも駆けつけて頂きました。この場を借りて心より御礼申し上げます。
2015.12.09
D2の中村君が「BMB2015 若手優秀発表賞」を受賞しました(詳細はこちら)。おめでとう!
2015.12.04
BMB2015(12/1–4:神戸ポートアイランド):D2の中村君が口頭発表を行いました。
2015.12.03
BMB2015(12/1–4:神戸ポートアイランド):D2の中村君がポスター発表を行いました。
2015.12.02
BMB2015(12/1–4:神戸ポートアイランド):築地がシンポジウムで講演、M1の藤沼さんがポスター発表を行いました。
2015.10.13
B4の澤田君の実務訓練がスタートしました(NIMS・有機材料グループ:来年1月20日まで)。
2015.10.01
D2の中村君が名古屋工業大学大学院博士後期課程(工学研究科物質工学専攻)に転入学しました。
2015.10.01
築地が名古屋工業大学材料科学フロンティア研究院(担当:大学院工学研究科物質工学専攻)の教授に就任しました。教員組織は「おもひ領域」に所属します。築地研は名工大で再スタートします!
築地研@長岡技術科学大学(2010.04–2015.09)
2015.09.25
B4の篠田さんが政井研に移籍しました。これからも頑張って下さい!
2015.08.08
オープンキャンパス2015:研究室を公開しました。キャッチフレーズは「光る小さな分子やタンパク質を見てみよう!」。50名以上の高校生や高専生にご来場頂きました。
2015.08.05
新学術領域「レゾナンスバイオ」キックオフミーティング(北海道大学東京オフィス):築地が発表を行いました。
2015.08.03
中津史先生(新潟大学大学院医歯学系総合研究科)にお越し頂き、「オルガネラ間コミュニケーション:イノシトールリン脂質による小胞依存型/非依存型のタンパク質・脂質輸送制御」という演題でご講演頂きました。
2015.07.17
築地が松田道行研究室(京都大学大学院医学研究科)でセミナーを行いました。
2015.06.29
新学術領域研究「共鳴誘導で革新するバイオイメージング(レゾナンスバイオ)」(代表:理化学研究所 宮脇敦史)が採択されました。築地も松田道行計画班の分担研究者として参画します。
2015.06.26
学内広報誌「VOS No.188」でM1の藤沼さんが紹介されました。GIDAI Inspire the Next!
2015.05.08
本学のパンフレット「2016 大学案内」でM2の石川君および当研究室が紹介されました(リンク先は大学案内の最新号になります)。
2015.05.01
D2の中村君が「日本化学会第95春季年会 学生講演賞」を受賞しました(詳細はこちら)。卒業生の沖君と審査員の先生方に御礼申し上げます。
2015.04.16
N. K. Devarajら(University of California, San Diego, USA)のJACS論文に対するコメントが「Chemical & Engineering News」に掲載されました。
2015.04.15
局在性リガンドの解説記事が「生体の科学」(特集:使える最新ケミカルバイオロジー)に掲載されました。
2015.04.01
築地研6年目がスタートしました。立ち上げの五年間を終え、第二ステージに突入します。
2015.04.01
本学の改組により、築地の所属が「技術科学イノベーション専攻」(兼任:生物機能工学専攻)に変わりました。
2015.03.27
日本化学会第95春季年会(3/26–29:日本大学理工学部船橋キャンパス):D1の中村君が口頭発表を行いました。
2015.03.26
日本薬学会第135年会(3/25–28:神戸学院大学ほか):築地が講演を行いました。
2015.03.25
M2の沖君が修士課程を修了し、ラボを巣立って行きました。三年間で素晴らしい成果を上げてくれました。新天地でも頑張って下さい!
2015.03.10
B3の澤田隼佑君・篠田英里さんがメンバーに加わりました。
2015.02.23
平成26年度修論発表会(2/23–24):M2の沖君が発表を行いました。
2015.02.19
平成26年度実務訓練報告会:B4の片平さん・藤沼さんが発表を行いました。
2015.01.06
Methods in Molecular Biology「Site-Specific Protein Labeling」が出版されました(Springer)。築地が第17章を執筆しています。
2014.12.18
築地が五十嵐道弘研究室(新潟大学大学院医歯学総合研究科)でセミナーを行いました。
2014.12.12
ホームページを開設しました。
2014.10.16
D1の中村君が日本学術振興会(JSPS)特別研究員に内定しました。更なる成長と活躍を期待してます!
2014.10.14
B4の藤沼さんの実務訓練がスタートしました(NIMS・有機材料グループ:来年2月10日まで)。
2014.10.10
B4の片平さんの実務訓練がスタートしました(NTT先端集積デバイス研究所・ソーシャルデバイス基盤研究部・バイタル情報処理研究グループ:来年1月30日まで)。
2014.09.24
オリンパス株式会社の本村伸二氏にお越し頂き、「蛍光イメージングセミナー」を開催しました。
2014.09.20
平成26年度化学系学協会東北大会(9/20–21:山形大学米沢キャンパス):築地が講演を行いました。
2014.08.18
平成26年度高専・技大生物系教員交流研究集会(長岡技術科学大学):D1の中村君・M2の沖君・M1の石川君がポスター発表を行いました。
2014.08.13
LDT化学に関する総説が「Current Opinion in Chemical Biology」にWeb掲載されました。
2014.08.09
オープンキャンパス2014:研究室を公開しました。キャッチフレーズは「光る小さな分子やタンパク質を見てみよう!」。100名にもおよぶ高校生や高専生にご来場頂きました。
2014.07.18
平成26年度生物系特別講演会:齊藤博英先生(京都大学iPS細胞研究所)にお越し頂き、「人工RNAテクノロジーによる遺伝子スイッチ・哺乳類細胞運命の制御」という演題でご講演頂きました。
2014.07.01
PDの石田さんがラボを巣立って行きました。ラボの立ち上げから四年間、当研究室の発展にご尽力頂き、誠にありがとうございました。新天地でのご活躍を祈念しています!
2014.06.28
第55回新潟生化学懇話会(長岡技術科学大学):PDの石田さん・D1の中村君・M2の沖君・M1の石川君がポスター発表を行い、石川君がポスター賞を受賞しました。おめでとう!
2014.06.27
今年度のオープンキャンパスで当研究室が研究室を公開します。その紹介が学内広報誌「VOS No.182」に掲載されました。
2014.05.09
九州工業大学第29回歯工学連携講演会(九州工業大学戸畑キャンパス):築地が講演を行いました。
2014.04.28
核局在性小分子蛍光プローブの汎用的設計法(Hoechst Tagging)に関する論文が「Chemical Communications」にWeb掲載されました。D1の中村君と卒業生の滝川君の成果です。
2014.04.18
当研究室の局在性リガンドの成果が「現代化学」で紹介されました。詳しくは、井上尊生先生(Johns Hopkins University, USA)の解説記事「有機合成化学と細胞生物学のケミカルダイメライゼーション」をご覧下さい。
2014.04.01
築地が長岡技術科学大学生物系の准教授に昇任しました。これからもよろしくお願いします。
2014.04.01
築地研5年目がスタートしました。
2014.03.31
M1の菊地君がラボを巣立って行きました。新天地でも頑張って下さい!
2014.03.30
日本化学会第94春季年会(3/27–30:名古屋大学東山キャンパス):PDの石田さんが口頭発表を行いました。
2014.03.28
日本化学会第94春季年会(3/27–30:名古屋大学東山キャンパス):M2の中村君が口頭発表を行いました。
2014.03.27
日本化学会第94春季年会(3/27–30:名古屋大学東山キャンパス):築地が講演を行いました。
2014.03.25
M2の渡部君・滝川君が修士課程を修了し、ラボを巣立って行きました。二人とも三年間で非常に多くの成果を残してくれました。新天地でも頑張って下さい!
2014.03.11
B3の片平莉香さん・藤沼学子さんがメンバーに加わりました。
2014.02.28
平成25年度実務訓練報告会:B4の石川君が発表を行いました。
2014.02.21
平成25年度修論発表会(電気系)(2/20–21):M2の中村君が発表を行いました。
2014.02.20
平成25年度修論発表会(2/20–21):M2の渡部君・滝川君が発表を行いました。
2013.11.20
M1の佐藤君が電気系に拠点を戻しました。これからも頑張って下さい。
2013.10.18
局在性リガンドのJACS論文が「ACS Chemical Biology Spotlight」で紹介されました。
2013.10.11
局在性リガンドのJACS論文が再度「F1000Prime」に選ばれました(by Dr. D. Triggle, State University of New York at Buffalo, USA)。
2013.10.10
B4の石川君の実務訓練がスタートしました(NTTマイクロシステムインテグレーション研究所・ネットワーク装置インテグレーション研究部・ライフアシストデバイス研究グループ:来年2月14日まで)。
2013.10.01
局在性リガンドの解説記事が「化学と工業」(「飛翔する若手研究者」欄)に掲載されました。
2013.09.27
第7回バイオ関連化学シンポジウム(9/27–29:名古屋大学東山キャンパス):M2の中村君・M1の沖君がポスター発表を行いました。
2013.09.21
New Trends of Nano- or Bio-Materials Design in Supramolecular Chemistry(9/20–21:NNBS2013)(九州大学医学部百年講堂):築地が講演を行いました。
2013.09.12
第86回日本生化学会大会(9/11–13:パシフィコ横浜):PDの石田さんが口頭発表とポスター発表を行いました。
2013.09.11
局在性リガンドのJACS論文が「JACS Spotlights」で紹介されました。
2013.08.30
長岡技術科学大学生物機能工学過程設置25周年記念シンポジウム(長岡技術科学大学):M2の中村君・M1の沖君がポスター発表を行い、沖君が優秀ポスター賞を受賞しました。おめでとう!
2013.08.26
局在性リガンドのJACS論文が「F1000Prime」に選ばれました(by Dr. R. Weatherman, Rose-Hulman Institute of Technology, USA)。
2013.08.25
局在性リガンドのJACS論文が「Chemical & Engineering News」の第一面(News of The Week)で紹介されました。
2013.08.14
蛋白質の細胞内局在を制御する化合物「局在性リガンド」の論文が「Journal of the American Chemical Society」にWeb掲載されました。PDの石田さん・M2の渡部君・M2の滝川君が中心となった成果です。
2013.04.23
LDT化学による細胞内蛋白質間相互作用のFRETイメージングに関する論文が「Journal of the American Chemical Society」にWeb掲載されました。田村君(京都大学浜地研)の成果です。
2013.04.01
築地研4年目がスタートしました。
2013.03.23
日本化学会第93春季年会(3/22–25:立命館大学びわこ・草津キャンパス):築地が「若い世代の特別講演会」で講演、PDの石田さん・B4の沖君が口頭発表を行いました。
2013.03.22
日本化学会第93春季年会(3/22–25:立命館大学びわこ・草津キャンパス):M1の中村君・B4の菊地君が口頭発表を行いました。
2013.03.12
B3の石川瑛介君がメンバーに加わりました。
2013.02.28
平成24年度実務訓練報告会:B4の菊地君が発表を行いました。
2013.02.25
平成24年度実務訓練報告会(電気系):B4の佐藤君が発表を行いました。
2013.02.20
LDT化学の解説記事(レーダー)が「化学と教育」に掲載されました。
2013.02.10
局在性リガンドの解説記事が「未来材料」(材料開発最前線:細胞の制御とイメージング技術)に掲載されました。
2012.12.10
築地が「2012年度(第25回)有機合成化学協会・大正製薬研究企画賞」を受賞しました。
2012.11.28
The First International Symposium on Biofunctional Chemistry(ISBC2012)(11/28–30:東京工業大学蔵前会館):PDの石田さんがポスター発表を行いました。
2012.11.02
局在性リガンドの研究紹介記事が「生体機能関連化学部会ニュースレター」に掲載されました。
2012.10.15
B4の沖君の実務訓練がスタートしました(NIMS・有機材料グループ:来年1月22日まで)。
2012.10.12
B4の菊地君の実務訓練がスタートしました(NTTマイクロシステムインテグレーション研究所・ネットワーク装置インテグレーション研究部:来年2月18日まで)。
2012.09.25
B4の佐藤君の実務訓練がスタートしました(シンガポールNUHS・Lee Guan Hueiグループ:来年2月7日まで)。
2012.09.07
第6回バイオ関連化学シンポジウム(9/6–8:北海道大学高等教育推進機構):M1の中村君がポスター発表を行いました。また、築地が講演賞を受賞しました。
2012.09.06
第6回バイオ関連化学シンポジウム(9/6–8:北海道大学高等教育推進機構):築地が口頭発表、PDの石田さんがポスター発表を行いました。
2012.07.05
The Second Asian Chemical Biology Conference(ACBC2012)(7/4–6:サザンビーチホテル&リゾート沖縄):築地がShort Talkとポスター発表を行いました。
2012.06.30
第53回新潟生化学懇話会(新潟大学総合教育研究棟):PDの石田さん・M1の渡部君・M1の中村君がポスター発表を行いました。
2012.03.26
日本化学会第92春季年会(3/25–28:慶応義塾大学日吉キャンパス・矢上キャンパス):築地・PDの石田さん・B4の渡部君・B4の滝川君が口頭発表を行いました。
2012.04.01
築地研3年目がスタートしました。
2012.03.13
B3の沖超二君・菊地環君がメンバーに加わりました。
2012.02.24
平成23年度実務訓練報告会(電気系):B4の中村君が発表を行いました。
2012.02.21
平成23年度実務訓練報告会:B4の渡部君・滝川君が発表を行いました。
2012.02.02
B3の佐藤航君(電気系)がメンバーに加わりました。
2012.01.04
LDT化学によるFKBP12ラベリングに関する論文が「Journal of the American Chemical Society」にWeb掲載されました。田村君(京都大学浜地研)の成果です。
2011.10.11
B4の渡部君の実務訓練がスタートしました(NIMS・有機材料グループ:来年1月18日まで)。
2011.10.10
B4の滝川君の実務訓練がスタートしました(NTTマイクロシステムインテグレーション研究所・ネットワーク装置インテグレーション研究部:来年1月27日まで)。
2011.10.01
B4の中村君の実務訓練がスタートしました(シンガポールETC・井上雅文グループ:来年1月31日まで)。
2011.08.25
LDT化学に関する総説(みにれびゅう)が「生化学」に掲載されました。
2011.08.21
B4の中村君と井上雅文先生(Experimental Therapeutics Centre, Singapore)のSkypeインタビューの様子がフジテレビ「新報道2001」で放送されました。
2011.07.25
築地がアスビオファーマ株式会社(本社・神戸)でセミナーを行いました。
2011.07.18
多価AGD触媒による細胞表層蛋白質ラベリングに関する論文が「Journal of the American Chemical Society」にWeb掲載されました。Wang君と古志君(京都大学浜地研)の成果です。
2011.06.30
三次元細胞培養が可能な刺激応答性超分子ヒドロゲルに関する論文が「Chemistry – An Asian Journal」にWeb掲載されました。小松君(京都大学浜地研)の成果です。
2011.06.17
19Fレクチンバイオセンサーに関する論文が「Bioorganic & Medicinal Chemistry Letters」にWeb掲載されました。Yediさん(京都大学大浜地研)の成果です。
2011.04.01
築地研2年目がスタートしました。
2011.03.14
B3の滝川和正君がメンバーに加わりました。
2011.03.07
B3の中村彰伸君(電気系)がメンバーに加わりました。
2011.01.27
三本木至宏先生(広島大学大学院生物圏科学研究科)にお越し頂き、「安定性の異なるシトクロムcの生合成と構造」という演題でご講演頂きました。
2010.12.01
LDT化学による赤血球内蛋白質ラベリングのメカニズムに関する論文が「Chemical Science」にWeb掲載されました。高岡君(京都大学浜地研)の成果です。
2010.11.27
生物系第2回バイオサイエンスリトリート(長岡技術科学大学):村上裕先生(東京大学大学院総合文化研究科)にお越し頂き、「進化工学の創薬への応用」という演題でご講演頂きました。築地も講演を行いました。
2010.09.29
築地が「バイオインダストリー協会 平成22年度化学素材研究開発振興財団記念グラント研究奨励金」を受賞し、BioJapan 2010にてショートプレゼンテーションを行いました(パシフィコ横浜)。
2010.09.24
第4回バイオ関連化学シンポジウム(9/24–26:大阪大学豊中キャンパス):築地が口頭発表を行いました。
2010.09.24
築地が執筆した「私の抱負」が学内広報誌「VOS No.159」に掲載されました。
2010.09.24
化学フロンティア22「生命現象を理解する分子ツール:イメージングから生体機能解析まで」が出版されました(化学同人)。築地が第16章を執筆しています。
2010.09.15
生物系ランチセミナー(長岡技術科学大学):築地が講演を行いました。
2010.09.01
B3の渡部秀章君がメンバーに加わりました(早期配属)。
2010.07.01
石田学さん(博士研究員)がメンバーに加わりました。
2010.05.12
自己会合性Turn-On蛍光プローブによる蛋白質検出に関する論文が「Journal of the American Chemical Society」にWeb掲載されました。水澤君(京都大学浜地研)の成果です。
2010.04.01
築地が長岡技術科学大学産学融合トップランナー養成センター(生物系)の特任准教授に着任し、築地研究室がスタートしました。